×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 


2009年10月10日(土) 泉州祭礼 曽根・助松地区 曳き出し

本年、初めて曽根・助松地区の祭礼を見に行ってきました。

  

5時半過ぎ、森町内にて

  

5時45分、千原町へ出発。

  

5時52分、曳き出し開始

  

  

曳き手の多さに圧倒されます。

  

平成13年新調、本年で新調8年目を迎えます。

  

  

5時56分、前には森町がいます。時間調整。

  

H16年に小槌の纏になりました。(以前は、木彫りの梅鉢。)

  

6時、森町が鳥串(とりかん)前一発目のやりまわし

  

二田町は、二田方面から直進で来て、途中左に曲がり鳥串の反対方面の道へと出て来ました。

  

この後、やりまわし。

  

6時5分、池園町が来ました。

  

  

6時11分、北曽根が来ました。

  

  

平成9年新調、昨年新調10周年の記念行事を行なっています。

  

  

  

6時15分、森町が2周目に入りました。

森町、千原町、助松町。こういう風に並ぶ光景が好きです。

  

6時18分、南曽根が来ました。

  

先月13日に入魂式を終えたばかりの新調地車。

  

6時21分、鳥串前には二田町。そして6時22分、池上町が一発目の二田町と同様のコースで連合コースへ入ります。

   

森町は3週目へ。6時39分、南曽根の最初の鳥串前のやりまわしまでを見て移動しました。

その2へ