×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 


2010年3月28日 岸和田市中尾生町 新地車庫移転 記念曳行

6時25分、旧地車庫前に到着。本年最初の地車曳行行事となります。

  

梅鉢の交差旗に目がいきます。

  

天野工務店さんの小屋根破風

破風の形状・テリなど工務店さんの特徴が伺えます。

  小屋根懸魚の彫刻

  

  

後旗を装着します。

  

幟は赤チチ・白フチタイプ。御祭礼の字体は金刺繍。(以下の町は銀刺繍)
他町では、旧市中町(H15年迄)・先代八幡町・田治米町(H10年迄)、堤町等があります。

   

平成12年の大修理時に町名旗・交差旗・金縄・玉を新調してます。

新旧化粧のコラボレーション。赤チチが映えてシブイです。
(町名旗は4文字の町名刺繍ですが文字の大きさも含め全体的に体裁よく収まっているのが好きです)

   

幟も曳行仕様に閉じられました。稀に町によっては開いた状態で曳行する町もありますね。

      

トタン張り観音扉の昔ながらの小屋もイイものです。

  

旧家が建ち並ぶ細い村中での地車と小屋は趣があります。

その2へ

その4へ / その6へ(最終)


水引幕はフチが無いタイプ