×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 


2010年4月18日 岸和田市上町 入魂式 (帰町曳行)

1月31日、修理に伴い植山工務店まで曳行。4月18日修理完成により工務店から町内まで曳いて帰ります。

  

7時13分、植山工務店から出て来ました。

  

  

正装にての曳行。

  

  

屋根廻りが綺麗になっていました。

  

  

町名旗の橘は木瓜と(刺繍の)見え方が異なりますね。

  

7時18分、城内小学校前を通過。

  

  

  

  

次の信号を右折、塔原線方面へ。

  

7時22分、上町と南上町の境界までやってきました。

  

  

一旦の停止後、勢いよく駆け抜けます。

  

  

幟は平成11年の大修理時に新調。

  

町名旗は平成9年に新調されています。

  

(ここまで曳行するとは思いもよらず)

  

7時28分、塔原線へ出てきました。

  

  

南海高架下方面へ向かいます。

  

昨年纏を新調。

  

  

  

同じく昨年、新調80周年を迎え、2回目の試験曳き開始前に記念曳行を行なっています。

  

(毎年恒例の藤井町との駅ロータリー前での顔合わせは同年は行なわれず)

  

青年団の方々は平成元年には既に現在の法被。後の方々の法被はデザインが別でした。

  

平成4年に後の方々の法被が現在に近いデザインに変更。そして平成11年の大修理時に前後法被が統一されました。

その2へ


   

橘と木瓜は、見る方向によって違った見え方になります。


    

昨年、組の方のタスキが一新。木瓜→橘の掛け合わせになっています。(以前は橘→木瓜の順?)

  曳行責任者の方のタスキは、昨年から木瓜→橘の掛け合わせ順になっています。(町会長のタスキは以前と同じ)