×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 


2011年1月1日 岸和田市大道町 元旦地車庫開き

10時35分、到着。大道町は06年から6年連続で見学しています。

  

  

  

左の写真、幻想的な画像が撮れました。偶然です。

  

大道町の懸魚は「雲に鶴」、桁隠しも鶴となっている。

遠めからでも大道町と判る特徴的な懸魚でお気に入りです。

こちらは大北町の懸魚

  

  

  

  

  

  

  

地車庫は平成14年(2002)に新築。3月17日に移転記念曳行を行った。(この時期2階が会館形式の地車が流行ったかと)

  

11時、現地を後にしました。その後、旧市上町へ行ったが閉まっていた。

この後、堺市へ


余 談

平成4年(1992)7月19日新調入魂式

  

枡 合  [ 正 ] 楠公父子 櫻井決別  [ 右 ] 村上義光 御旗奪環   [ 左 ] 後醍醐帝 隠岐ヨリ帰ル

二重枡合  [ 右 ] 児島高徳、桜木に和歌を詠む   [ 左 ] 大塔宮、護良親王の最期

  

[ 小屋根小屋虹梁 ] 林軍太 多聞丸に降参

平成17年(2005)の修理の際に屋根廻りでは、主屋根懸魚・主後懸魚・車板・小屋虹梁・木鼻6丁等を新調

[ 大屋根小屋虹梁 ] 多聞丸射術修業   [ 大屋根車板 ] 多聞丸誕生

  

  

新調された彫物には題材の墨書きが書かれている

  

2008/9/13 撮影

同じくH17年の修理の際、腰廻りでは物見が新調された。

  

[ 大脇物見左 ] 正成天王寺、出張  [ 大脇物見右 ] 正成兵庫に帝を出迎る  

  

[ 脇障子物見左 ] 恩地左近 赤坂城を探る  [ 脇障子物見右 ] 泣き男 足利勢を欺く

  

(図柄は主に彫刻の墨書き通りに記載)



  松 良

    [ 右 ] 後醍醐天皇笠置落ち
    [ 左 ] 千剣破城の戦い

  縁 葛

    [ 正 ] 大楠公 七生報国を誓ヒテ殉節
    [ 右 ] 北条高時、闘犬遊び
    [ 左 ] 北条高時、遊楽

  大連子

    [ 正 ] 北畠顕家、青野原勇戦
    [ 右 ] 六波羅、北条館襲撃
    [ 左 ] 新田義顕、金崎勇戦

  小連子

    [ 正 ] 正中ノ変、多治見国長の最期
    [ 右 ] 唐崎濱合戦
    [ 左 ] 足助次郎の強弓
  
  土呂幕

    [ 正 ] 四条畷乃合戦、楠正行の最期
    [ 右 ] 新田義貞、鎌倉襲撃
    [ 左 ] 筑後川乃合戦、菊池武光勇戦
   

  見送り虹梁

    [ 正 ] 摂津湊川、正成と義貞合戦の評定をなす
    [ 右 ] 楠木正行、如意輪堂之場
    [ 左 ] 楠木正成、後醍醐天皇に初見参

  後縁葛

    [ 正 ] 正成公、米金施行ノ場
    [ 右 ] 正成公ノ秘水 
    [ 左 ] 正成公、藁人形斗略

  後連子

    [ 正 ] 吉野山、最期ノ酒宴
    [ 右 ] 大塔宮唐柩に隠レテ難ヲ逃レル
    [ 左 ] 村上義光、蔵王堂ノ最期

  見送り  湊川の合戦
 

  

  2008/9/7 試験曳き

例年第1回目の最後に万代方面から旧26号線へやりまわし。少し進んで再び磯上町内へ入っていく模様。