×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 


2015年8月2日 泉佐野市鶴原新家 修理入魂式

 この日、鶴原新家の地車がH16年(2004)の購入以来11年ぶりに入魂式・お披露目曳行が行われました。
6時55分、加支多神社に到着。式典中でした。
屋根と台木の幅が増し、柱がより締まったように感じた。
破風板(懸魚)はそのままで葺地が池内工務店仕様に変わっています。
池内工務店の二重破風の葺地は今現在、新家だけなのでは。 
 
奥に御来光があります。こういう波の彫刻の懸魚が好きです。 
     
現代では見掛けない造りの御祭礼
町紋や社紋の刺繍の仕方が特徴的
小屋根の破風板(懸魚)は新調かな
眉切り?の中央部の凹みが無いような。
7時15分、宮出

その2へ